プレスリリース

プレスリリース詳細

イラン航空がエアバス機の購入契約を締結

100機を購入

2016年 12月 22日 Press Release

エアバスはイラン航空がエアバス機を100機購入する契約を締結したことを発表しました。契約はイラン航空のファハド・パルバレシュ会長兼最高経営責任者(CEO)と、エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOとの間で交わされました。

受注の内訳は、A320ファミリーが46機、A330ファミリーが38機、A350 XWBが16機です。引き渡しは2017年初頭から開始されます。

今回の契約は、2016年11月に認可された米国の財務省外国資産管理室(OFAC)の輸出許可を前提としています。この認可取得は、少なくとも10%あるいはそれ以上米国の技術が使用された製品に課せられます。エアバスはEUや米国などの監査機関と緊密に調整し、包括的共同作業計画(JCPOA)を遵守しています。引き続きOFACの認可が履行される条件を保証していきます。

購入契約はJCPOAおよび関連する規則と指針が履行され締結されました。契約には新規の民間航空機の購入と商業航空における包括的な協働も含まれます。これにより、パイロットや整備士の訓練サポート、航空交通管理、空港および機体運用、航空規程の統一、産業協力の分野において協働して取り組みます。

エアバスは100席から600席以上の航空機を幅広く製造する航空機メーカーです。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計及び製造工場を置き、日本、米国、中国、インド、中東に子会社を持ちます。また、世界的なネットワークにおいて顧客サポート及び訓練サービスを提供しています。