プレスリリース

プレスリリース詳細

イランが民間航空機の刷新にエアバス機を選定

2016年 01月 28日 Press Release

エアバスは、イランがエアバスと新造機の購入及び民間航空産業における包括的協同に関して協定を締結したことを発表しました。

また、イラン航空がエアバス機の導入(73機のワイドボディ機と45機の単通路型機)に関する同意をエアバスと結びました。この同意内容には、導入機材の効率的な運航と運航開始を支援するパイロットや整備士の訓練、サポートサービスの提供が含まれます。

さらにイランの道路・都市開発大臣によって、イランの民間航空産業の近代化計画の一環として包括的協同の同意が締結されました。これにより、航空交通管理(ATM)の開発や空港及び航空機の運用、規則に関する調和、技術及び学術訓練、整備、修理、産業協力の支援を行います。

これらの同意は、2016年1月16日に履行された包括的共同作業計画(JCPOA)及び関連する規則と指標の一環として締結されました。

イラン航空は合計118機のエアバス機を導入する同意を結びました。その内訳は、A320ceoファミリーが21機、A320neoファミリーが24機、A330ceoが27機、A330neoが18機、A350-1000が16機、 A380が12機です。

エアバスは100席から500席以上の航空機を幅広く製造する航空機メーカーです。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計及び製造工場を置き、日本、米国、中国、中東に子会社を持ちます。また、世界的なネットワークにおいて顧客サポート及び訓練サービスを提供しています。