プレスリリース

プレスリリース詳細

中国ハルビンに航空機の複合材部品製造センター設立

2009年 01月 30日 Headline news

エアバスは中国企業と合弁で、航空機の複合材部品製造センターを中国のハルビンに設立する契約を締結したことを発表した。この部品製造センターはA350 XWBとA320ファミリー向けの複合材部品を製造する。

これら中国企業は、ハルビン航空機工業集団有限公司(HAIG: Harbin Aircraft Industry Group Company Limited)、哈飛航空工業有限公司(HAI: Hafei Aviation Industry Company Limited)、中国航空科技工業(AVICHINA: Avichina Industry & Technology Company Limited)、HELI(Harbin Development Zone Heli Infrastructure Development Company Limited)。

この契約はスペインのマドリードで、エアバス・チャイナのローレンス・バロン社長とHAIGおよびHAIの取締役会長との間で交わされ、中国の温家宝首相、スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相らが出席した。

この製造センターは2009年に設立される予定。HAIGが50%出資し、エアバス・チャイナが20%、HAI、AVICHINA、HELIがそれぞれ10%ずつ出資する。製造は2009年9月に開始され、新たに建設される工場の稼動は2010年末頃の予定。

中国の航空産業界はA350XWBの機体の5%を供給する覚書を交わしており、この部品製造センターはその一環として、A350 XWBの主要部品を製造する。これらの部品は最新の複合材技術を使用し、エアバスのその他の工場と同じ方式で製造、供給される。

エアバスは中国との長期的なパートナーシップを促進している。エアバスと中国航空機産業との協力によって2010年には年間で約2億ドル、2015年には約4億5,000万ドルに相当するビジネスが生まれる見込み。

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国、中東に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。