プレスリリース

プレスリリース詳細

欧州域内における航空機の排出規制の保留に賛同

2012年 11月 13日 Press Release

エアバスは欧州各国で発着する航空機を対象にした欧州連合域内排出量取引制度(EU ETS)の実施を、欧州委員会が保留する提案を出したことに賛同の意を表した。来秋に開催される国際民間航空機関(ICAO)の総会まで保留される。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「先週開催されたICAOの理事会によって航空産業が調和のとれた、グローバルに受け入れ可能なアプローチに近づけた。これにより民間航空機の排出管理によりよく対応することができるだろう。ICAOと欧州委員会が協力することで国際的コミュニティーに、航空機によるCO2排出に関して世界的な同意につなげるためための機会を提供し、航空産業の持続可能な未来の実現を目指す」と述べた。