プレスリリース

プレスリリース詳細

米国の最終組立工場から初納入

ジェットブルーのA321を引き渡し

2016年 04月 25日 Press Release

エアバスは、米国アラバマ州モビールの最終組立工場で組み立てられた初の航空機であるA321をジェットブルーに引き渡したことを発表しました。

エアバスは2012年に6億米ドルをかけて単通路型の航空機最終組立工場を建設する計画を発表しました。その約1年後に建設を開始し、2015年9月に正式稼動しました。その初号機となったジェットブルーのA321は2016年3月21日に初飛行を実施しました。

モビールの最終組立工場の生産ラインには現在、9機のA320ファミリーが置かれています。エアバスは2017年末までにモビールの工場から月産4機を納入する予定です。最初はA320ceoファミリーの組立を行い、2017年後半頃から新型エンジンを装備するA320neoの納入を開始します。

モビール工場関連の雇用が数多く創出されるほか、多くのサプライヤが同地域に新施設を開設しており、さらなる雇用の増加と同地域経済への波及効果が見込まれます。新規雇用の87%がメキシコ湾地域からの人々で、そのおよそ3分の1が米退役軍人です。

エアバスの最終組立工場は、米国モビールのほかに独ハンブルク、仏トゥールーズ、中国天津に置かれています。