プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス・アジア・トレーニング・センターが正式稼動

シンガポール航空とジョイントベンチャー、エアバス最大の飛行訓練施設

2016年 04月 18日 Press Release

エアバスとシンガポール航空が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設、「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、シンガポールで正式稼動しました。訓練センターはエアバスが55%、シンガポール航空が45%を出資しています。稼動開始の記念式典が開催され、エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)、シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEO、シンガポールのS・イスワラン貿易産業大臣らが出席しました。

9,250平方メートルの広さを持つ訓練センターは、トゥールーズやマイアミ、北京に置かれている訓練施設に続き、世界で4番目のエアバス飛行訓練センターとなります。新訓練センターはエアバス機全機種のタイプ・レーティング訓練やリカレント訓練を提供します。最終的に、合計で8基のフルフライト・シミュレーター(A350 XWBが3基、A380が1基、A330が2基、A320が2基)が設置され、エアバス最大の訓練施設となります。また、6基のコックピット訓練機器や大規模な教室設備を備え、年間1万人以上の訓練生に訓練コースを提供できるようになります。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOは以下のように語りました。「シンガポール航空と共同で設立した飛行訓練センターがこのたび正式な稼動を迎えたことを非常にうれしく思います。両社の専門知識を結集させ、最高基準の訓練を提供することで、アジア太平洋地域で増加するパイロット需要に対応します。エアバスは世界中で、特に主要な成長市場において、お客様のより近くでサポートサービスを提供することに努めており、今回の新たな訓練施設設置もその取り組みの一つです」

シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEOは以下のように述べています。「最先端の設備を備えるAATCは、最高品質の訓練を提供し、アジア太平洋地域における主要な訓練拠点となるでしょう。同地域の航空会社からエアバス機に対する何百機もの新規発注がある中、私たちはこの新施設がパイロット訓練、育成をサポートするますます強力な力となると確信しています」

AATCは、セレター・エアロスペース・パークに建設された新訓練センターの開業前の2015年4月から、チャンギ空港近くにあるシンガポール航空の訓練センターで一時的に訓練コースを提供していました。今後は段階的にすべての訓練コースが新センターに移行されます。訓練センターの教官は始め、エアバスとシンガポール航空から迎え、さらに新たな雇用も行います。

現在、アジア太平洋地域の17社の航空会社が、AATCのサービスを利用する契約を結んでいます。提供される訓練コースは、既存のエアバス飛行訓練センターと同等のものとなります。

エアバスはアジア太平洋地域が今後新造機の需要を牽引する市場になり、今後20年間で現在運航されている約5,600機から1万4,000機以上に増加することを予測しています。これにより、航空会社が必要とするパイロット数が6万5,000人超から17万近くに増加することになり、訓練サポートサービスの需要も大幅に高まる見通しです。

エアバスは、トゥールーズ、マイアミ、北京、シンガポールに飛行訓練センターを置くほか、ハンブルクとバンガロールにエンジニアリングおよびメンテナンス訓練センターを設置しています。また、他会社と契約を結び、そこの施設でエアバスの訓練コースを提供しています。