プレスリリース

プレスリリース詳細

カスタマー・デフィニション・センターを拡張

A320、A330顧客向け客室ショールームを増設

2017年 04月 03日 Press Release

エアバスは、独ハンブルクにあるカスタマー・デフィニション・センター(CDC)を拡張し、A330およびA320の顧客向け施設を増設することを発表しました。CDCは2014年にA350 XWBの顧客向けの客室製品ショールームとして開設しました。CDCの拡張工事では、近接する大型格納庫を最先端設備を備えた施設に再開発します。工事期間はおよそ2年で、増設部分の広さは約4,500平方メートルの2階建てで、A320とA330の顧客専用の客室製品ショールームとなります。

CDCでは、専門エリアに分かれて顧客に提案ができるようになっています。客室装備品を実際にテストすることのできるエリアや、様々な製品が陳列されたショールーム、材料や照明を決めるためのモックアップを備えたデザインスタジオ、さらにイノベーションエリアがあります。このような専門エリアを備えることによってCDCは、航空会社がそれぞれの機内装備について一から効率的に仕様を確定することのできるワンストップショップ・サービスを提供します。

エアバスは航空、宇宙、その他関連ビジネスにおいて世界をリードするグローバル企業です。2016年の売上は670億ユーロ。約13万4,000人の従業員を擁します。100席から600席以上を装備する民間航空機を設計・製造し、また、タンカーや戦闘機、輸送機、特殊任務機、宇宙関連機器も提供しています。ヘリコプター分野においては世界中で効率性の高い民間・軍用ヘリコプターを提供します。