プレスリリース

プレスリリース詳細

エールフランス航空とエアバス、環境に優しい商業飛行を実施

エールフランス航空とエアバス、環境に優しい商業飛行を実施
2011年 10月 13日 Press Release

エアバスは13日、エールフランス航空とバイオ燃料および航空交通管理技術を用いて環境に優しい商業飛行を実施したことを発表した。エールフランス航空のエアバスA321が、トゥールーズからパリのオルリー空港へ向けて商業飛行を行い、通常の定期便飛行と比べてCO2の排出を半分に削減したことを実証した。

今回の商業飛行(AF6129)では、CO2排出量を最小限に抑えるため、初めて、バイオ燃料(各エンジンに50%ずつ)の使用と効率的な航空交通管理(ATM)技術、継続降下進入(Continuous Descent Approach)方式を組み合わせた飛行方法を実施した。

これらの技術を組み合わせて飛行することにより、航空機が排出する全体的なCO2量を半分に抑え、乗客1人を1キロメートル運ぶ際の排出量を54グラムに削減した。これは乗客1人を100キロメートル運ぶ際に必要な燃料が2.2リットルに相当する。

バイオ燃料は全体的なCO2排出量を削減する一つの解決法である。エアバスの代替燃料戦略は持続可能なバイオ燃料の商業化実現を促進することを目指している。これまで実施してきた多くのテスト飛行と、標準化・規格設定機関(ASTMとDefStan)との協同により、現在、商業飛行においてバイオ燃料の50%の使用が承認されている。

より効率的なATMシステムによって航空機の燃料消費およびCO2排出量を削減することができる。エアバスはATMの合理化実現に向けて最大限のサポートを行っており、新子会社の「Airbus ProSky」を設立してATMシステムの開発サポートに注力している。これにより、最短ルートを飛行して航空機の運用効率性を最適化し、燃料消費の約10%削減およびCO2排出量と騒音も大幅に削減する。

継続降下進入(CDA)方式の導入は、燃料消費を削減する方法として徐々に広がってきている。CDA方式では、航空機が継続的に降下し、最終進入する前の水平飛行をしないため、最小のエンジン推力を維持し燃料消費を抑えることができる。