プレスリリース

プレスリリース詳細

早稲田大学でエアバス・セミナー開催

2017年 12月 04日

エアバスは毎年、早稲田大学の学生を対象に、早稲田大学理工学術院機械科学・航空学科が主催するエアバス・セミナーで講義を行っています。今年も11月15日からセミナーが開始され、エアバス民間機の最新情報や航空機市場予測、最先端の客室やエアバスの革新技術、デジタル革新まで多岐にわたる内容で合計6回の講義を行いました。

第1回目の講義ではエアバスのジャン=ピエール・スタイナック セールス・アンド・マーケティング日本担当シニア・バイス・プレジデントがエアバス民間機の最新情報と今後20年の航空機市場展望について講演し、76名の学生達が出席しました。

スタイナックは、「航空機産業は今後20年間で大きな成長を見せます。航空輸送量は年間4.4%ずつ成長し、約35,000機の新造機が世界中で必要になる見通しです」と述べ、実際に過去から現在までの航空輸送の成長率を示し、15年毎に倍増していることを説明しました。

「エアバスは近年、日本市場でも成功を収めています」スタイナックはこれまでエアバス機を購入したことのなかったJALが2013年に最新鋭A350 XWBを発注したことや、ANAホールディングスが総2階建て大型機A380を3機発注したトピックスを紹介しました。また、「これまで長いこと競合メーカーの独擅場であった日本市場の情勢が完全に変化しています」と述べ、日本の低コスト航空会社(LCC)市場では95%のシェアを獲得していることも説明しました。

「大学で講義を行うことによって、将来の航空宇宙産業を担う若者達により興味や関心を持っていただくことが私達にとって重要です。イノベーションはエアバスのDNAです。若者達が様々な分野で幅広い知識を身につけ、持続可能な未来の航空輸送の実現につながるイノベーションを生み出してほしいと考えています」

早稲田大学の基幹理工学部機械科学・航空学科の佐藤哲也教授は次のように述べました。「エアバスが毎年学生達に講義で航空機産業の最新情報を紹介していただくことに大変感謝しています。学生達にとって、世界を代表する航空機メーカーから直接、航空宇宙産業における最先端技術や展望などを学ぶことができる機会はとても貴重です。学生達が実際に仕事に就く前にここで得た知識を将来のキャリアに活用してほしいと思います」

 

受注・引き渡し

Airbus February 2018
総受注数 18234
総納入数 10991
運航機数 10005