プレスリリース

プレスリリース詳細

東京大学大学院工学系研究科、エアバスのユニバーシティ・パートナーシップ・プログラムに調印

2018年 11月 28日 Press Release

エアバスは東京大学大学院工学系研究科とエアバス・グローバル・ユニバーシティ・パートナーシップ・プログラム(AGUPP)」に調印したことを発表しました。11月28日から30日まで東京ビッグサイトで開催中の「国際航空宇宙展2018東京」で調印式が開催され、東京大学大学院工学系研究科長・工学部長の大久保達也教授と、エアバス・ジャパン株式会社のステファン・ジヌー代表取締役社長が出席しました。

AGUPPは将来の航空宇宙産業を担う学生を育てるため、エアバスと世界の優秀な大学が協力して取り組むプログラムです。東京大学大学院工学系研究科は、そのカリキュラムと教授陣の質の高さから、今回新たにAGUPPのパートナー大学に選定されました。

AGUPPの目的は、パートナー大学と協力し、航空宇宙産業界の将来ニーズに対応できる学生を育成することです。各種プロジェクトを通じ、イノベーティブな思考を育て、航空宇宙産業界の未来に備えます。

今後、東京大学大学院工学系研究科の学生は、エアバスを通じて航空宇宙産業界の知見にじかに接することができるほか、エアバスの専門家や他大学の教授や学生と交流することで、国際性や多様性を養うことにもなります。これまでに世界で25大学がAGUPPに加わっており、エアバスとの様々なプログラムを実施してきました。