プレスリリース

プレスリリース詳細

シンガポール航空と共同で飛行訓練センターを設立

2014年 02月 12日 Press Release

エアバスとシンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュン・ポン)は12日(シンガポール時間)、シンガポールに共同で飛行訓練センターを設立することで合意し、覚書を交わしました。

この覚書は現在開催中のシンガポール航空ショーの会場で交わされました。飛行訓練センターは、「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」と命名され、エアバスが55%、シンガポール航空が45%を出資します。両社は出資比率に応じ、合計8,000万シンガポールドルを拠出します。当局の認可を得て、2014年末までに訓練を開始する予定です。

始めはチャンギ空港近くに位置するシンガポール航空の訓練センターで営業を開始しますが、後にセレター・アエロスペース・パークに建設されるAATCの専用施設に移動します。A320、A330、A340、A350、A380といった各種フルフライト・シュミレーターを取り揃え、タイプ・レーティング訓練や再飛行訓練を提供します。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOは以下のように語りました。「この共同会社の設立でシンガポール航空とパートナーを組めたことをうれしく思います。最新鋭の設備を備えたこの訓練センターは、エアバス機を運航するアジア地域の航空会社に包括的なパイロット訓練を提供していきます。訓練サービスをグローバルに提供していくエアバスの新たな一歩です。訓練センターの設立は、お客様に革新的なソリューションをお届けするという戦略に合致した投資となるでしょう」

シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEOは以下のように語りました。「アジア太平洋地域における航空輸送需要は着実に成長し続けると予想されます。この共同会社は今後業界で必要になる飛行訓練のニーズに応えるものです。エアバスとパートナーを組んだことはシンガポール航空にとってビジネス理論にかなったもので、航空業界を牽引するハブとしてシンガポールの地位をさらに向上させることになります。シンガポール航空のパイロット・インストラクターの豊かな経験とエアバスの専門性が集積したAATCは、アジア地域のパイロット訓練機能を大きく拡大していくでしょう」

シンガポールのAATCはエアバスの訓練センターとしては最新のものです。これまでの訓練センターは北京、マイアミ、トゥールーズに置かれています。