プレスリリース

プレスリリース詳細

コミュニケーション部門のトップにベロニク・クレッセルを任命

2013年 03月 19日 Press Release

エアバスはコミュニケーション部門のトップに、ベロニク・クレッセルを任命したことを発表した。2013年6月初旬に就任する。これにより、ベロニク・クレッセルは、ファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者に直属し、ブランド戦略、メディア・リレーションズ、インターナル・コミュニケーションズ、展示会、イベントおよびホスピタリティ、ウェブを含むコミュニケーション全般の指揮を執る。

クレッセルは航空およびハイテク業界において豊富な経験を持ち、現在はエネルギー業界でパイプラインを提供するバローレックで、グループ・コミュニケーションズのトップを務めている。

2011年からバローレックグループのコミュニケーション部門を監督し、グローバルな戦略的コミュニケーションの強化に務め、さらに、バローレックグループに対する高い評価を確立するためロードマップを策定し、実行した。

2006年、タレス・アエロスペース、ディフェンス・ミッション・システムズのコミュニケーション部門のトップに就任。2003年から2006年は自動車部品サプライヤのフォルシアでコミュニケーションズ・ディレクター代理を務め、国際的コミュニケーションネットワークを確立、管理した。

広告代理店で数年勤務した後、1991年にエネルギー、輸送業界のアルストムに入社し、製造業界におけるコミュニケーション業務の経験を積んだ。そこではブランドおよびイメージ部門からエクスターナル・コミュニケーション、インターナル・コミュニケーション業務を担当し、指揮を執った。

法律、歴史の学士の他、政治学の修士号とインフォメーション・マネジメントの学士を持つ。