プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス、ロールス・ロイス、シーメンスがハイブリッド電気飛行機を共同開発へ

「E-Fan X」飛行実験機開発へパートナーシップ締結

2017年 11月 28日 Press Release

エアバスとロールス・ロイス、シーメンスは、ハイブリッド電気飛行機の飛行実験機「E-Fan X」を共同開発することを発表しました。

E-Fan Xは様々な地上テストプログラムを実施した後、2020年に飛行する予定です。BAe 146飛行テストベッドを使用し、4基のガスタービンエンジンの一つを2メガワットの電気モーターと入れ替えます。システムの成熟度が実証されれば、第2のガスタービンエンジンを電気モーターに入れ替える予定です。

E-Fan X実験機によって、熱影響や電気推力管理、高度、電気システムの動的作用、電磁場適合性といった高出力推進システムにおける課題を調査します。技術、性能、安全性、信頼性を押し進め、成熟させることによって、ハイブリッド電気技術の早急な向上を目指します。また、電動航空機の将来的な証明取得の要件を確立すること、そしてハイブリッド電気商業航空機の実現を促進するための新世代の設計者やエンジニアの訓練も目標とします。

E-Fan Xプログラムには、エアバス、ロールス・ロイス、シーメンスがそれぞれの分野で幅広い経験とノウハウを結集します。

  • エアバスは全体的な統合と、ハイブリッド電気推進システムの制御アーキテクチャ、バッテリー、フライトコントロールとの統合を担当します。

  •  ロールス・ロイスはターボシャフトエンジン、2メガワットジェネレーター、パワーエレクトロニクスを担当します。また、エアバスと共に既存のナセルとシーメンスの電気モーターのファンの適合に取り組みます。

  •  シーメンスは2メガワット電気モーターとその電子制御装置、変換機、DC/DCコンバータ、電力分配システムを担当します。

 

現在の航空業界における最重要課題の中に、化石燃料への依存を減らし、より効率的で環境性能を向上した輸送方法への移行があります。エアバス、ロールス・ロイス、シーメンスは、欧州委員会の「Flightpath 2050 Vision for Aviation」(CO2排出を60%、NOxを90%、騒音を75%削減)のEUの技術環境目標を実現するために取り組んでいます。この目標は現在の技術では達成することができません。そのため、3社は電化技術など、様々な分野の技術の研究に焦点を当て投資を行っています。電気およびハイブリッド電気推進技術はこれらの課題に対応する最も有望な技術の一つとして認識されています。

 

受注・引き渡し

Airbus February 2018
総受注数 18234
総納入数 10991
運航機数 10005