プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス・ファイナンス・フォーラムを開催

2017年 05月 22日

エアバス・ファイナンス・フォーラムを開催し、航空機市場展望や最新のファイナンス状況等について講演を行いました。同フォーラムには日本の金融機関やリース会社、商社、航空会社から約200人が参加しました。

日本のリース企業および金融機関は世界の航空会社のエアバス機の機材更新や新型機導入において長年重要な役割を担っており、2016年、2015年には合わせて100機を超えるエアバス機に対するファイナンスが実施されました。世界中でエアバス機の納入数が堅調に増加している現在、日本の航空機ファイナンスは欠かせない存在です。2016年のエアバスの総引き渡し数は前年から53機増加して過去最高の688機を記録し、14年間連続して生産数が増加しています。2016年には総引き渡し機数1万機を達成しました。

講演で今後の民間航空機市場の展望を説明したエアバスのナイジェル・テーラー カスタマー、プロジェクト&ストラクチャード・ファイナンス担当シニア・バイス・プレジデントは、「世界の航空輸送量は年間平均4.5%成長し、100席以上の旅客機市場では33,000機を超える新造機需要が予測されます。金額にすると5.2兆米ドルです。世界の航空輸送の成長を牽引するのはアジア太平洋地域です」と述べ、日本が航空機の購入という面だけでなく、ファイナンス面においても重要な役割を担っていることを説明しました。さらに、実際に2017年から2019年の間にアジア太平洋地域はA320ファミリー受注残の31%を占め、ワイドボディ機の受注残の51%占める見通しであることを述べました。

日本での産業協力に関しては、2017年3月に経済産業省がエアバスの次世代機開発に向けた研究開発の協業を促進する覚書を締結しました。今後は定期的にエアバスと日本企業との間でワークショップが開催されます。このように、現在日本においてエアバスのプレゼンスは拡大しつつあります。

航空輸送需要と生産率の増加に対応するため、エアバスは中国と米国に最終組立工場を開設し、また、中国にA330コンプリーション&デリバリー・センターを建設することによってビジネス基盤を強化しています。また、エアバスは全社的にデジタル化や、IoT、AI技術の導入を促進しています。

エアバス機の需要が増え続ける中、今後日本のファイナンス業界はEUや米国の業界よりますます積極的な役割を果たすようになるでしょう。