プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス、中国と協力して代替燃料開発に注力

2012年 08月 27日 Press Release

エアバスは世界でも有数の学術機関である中国の清華大学と協力し、中国におけるバイオ燃料の供給原料について持続可能性の分析を行うことを発表した。さらに、航空バイオ燃料商業化に向けたサポートについての評価も行う。中国でバイオ燃料に関するバリュー・チェーンを形成することによって、世界でもっとも急速な成長をみせている中国の航空市場において、航空バイオ燃料の製造と活用を促進する。

第1段階の取り組みでは、環境を損なわず、経済的で社会的な持続性のある供給原料を精査する。持続可能性についての分析はエアバスが指揮を執り、清華大学および欧州の様々な機関と緊密に協力して取り組む。第2段階ではもっとも可能性のある代替燃料を絞り込んでいく。

最初の分析結果は2012年後半に出される予定。これにより、使用済み食用油や藻など、いくつかの供給原料を選定する。2013年初頭までには持続可能性についての最終分析が完了する見込み。2013年以降は、商業使用に向けて十分な量の航空燃料を確保するため、代替燃料の製造規模拡大に向けた調査を行う。

今回締結されたエアバスと清華大学とのパートナーシップは、中国で持続可能な原料のみを使用した航空バイオ燃料の製造能力を開発するための取り組みの1つ。エアバスは2012年までにすべての大陸でバイオ燃料の商業化を実現させるためのバリュー・チェーンを構築するという目標を掲げている。これまでに中南米、オーストラリア、欧州、中東においてバリュー・チェーンの形成に取り組んでいる。