プレスリリース

プレスリリース詳細

航空機の構造健全性診断技術開発で日本と協力関係を継続

2016年 09月 15日 Press Release

エアバスは航空機の複合材構造における構造健全性診断技術(SHM)開発で、日本の産業パートナーとの共同研究開発を2018年までさらに2年間継続する合意を締結したことを発表しました。

この共同研究パートナーシップ、「JASTAC」(The Japan Airbus SHM Technology for Aircraft Composite)には、エアバス、RIMCOF技術研究組合、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が参加しています。

エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は次のように述べています。「JASTACプログラムで引き続き日本の産業パートナーと共同研究開発ができることを大変嬉しく思います。今後ますます複合材を多用した航空機が増える状況下において、SHMは非常に重要な役割を果たすでしょう。私たちは日本の産業パートナー共にこの技術の発展に尽力していきます」

JASTACで研究開発されているSHMは、航空機向けに使用が増加している炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の損傷を確認し、健全性を評価する技術です。航空機の複合材構造の中に埋め込んだり表面に貼り付けたりした光ファイバがセンサの役割をし、肉眼では確認できない歪みや剥離を検知します。人間の身体に張り巡らされた神経が痛みや違和感を察知するシステムに類似しています。この技術が実用化されると、飛行中でも構造体に発生した欠陥や異常変形などを即座に検知することができ、航空機の運用率が向上すると同時に航空機の整備の容易化、軽量化も図れるなどの利点があります。

JASTACの目的は、CFRPを使用した機体構造の設計、使用可能性、製造品質管理を大幅に変革する方法を提供するため、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業のSHM技術をベースとした光ファイバを開発することです。JASTACプログラムでは、日本の技術者とエアバス施設で行う共同試験を土台に、技術検証と成熟度評価が実施されています。

JASTACは2006年のファーンボロ国際航空ショーで発足しました。日本の主要な航空宇宙企業の技術力を結合し、日本と欧州が持つ専門知識と相互理解による新しい考え方と取り組み方法を実行することによって、長年に渡りエアバスと日本の産業界との緊密な協同関係が構築されています。