プレスリリース

プレスリリース詳細

航空データプラットフォームの「スカイワイズ」をローンチ、パランティア・テクノロジーズと協同し、航空業界のデジタル革命をサポート

• パランティアの最先端データ分析ソリューションとエアバスの航空宇宙専門知識を結合

• 航空業界で活用する情報プラットフォームを構築

• エアバスは運航機体の大規模データと機体設計およびサポートサービス改善につなげる知見を利用

• 参加航空会社にはすでに成果を提供

2017年 06月 20日 Press Release

エアバスは、パランティア・テクノロジーズと協同で、新しい航空データプラットフォームの「スカイワイズ」(Skywise)をローンチしたことを発表しました。パランティア・テクノロジーズはビッグデータの統合と最先端分析における専門会社です。スカイワイズの目的は、あらゆる主要な航空産業関連会社が、個々の運用能力とビジネス成果を改善し、それぞれのデジタル改革をサポートするために利用する単一の情報プラットフォームになることです。スカイワイズはすでにエアバスの製造において運用能力の改善を実現しており、運航機体データの深い知見をもとに、性能強化した航空機や部品設計、よりサポートサービスの提供を実現しています。

スカイワイズはすべてのユーザーに、航空業界の多様なデータソースから航空データまで合わせて一つの確実なクラウドベースのプラットフォームに取り込み、それぞれの豊富なデータへの単一のアクセスポイントを提供します。これら航空会社のデータソースには、作業指示書、スペアパーツ消費、部品データ、運航機体仕様、搭載センサーデータ、フライトスケジュールのデータがあります。エアバスと従来から共有され、独立したサーバーでのみ運用されている追加のデータソースもプラットフォームに統合され、航空会社が利用可能なあらゆる種類のデータをもとに分析を行い決定を下す手助けとなります。この共有データソースの内容は、運航中断履歴、部品交換、ポストフライトレポート、パイロットレポート、機体状況監視レポート、完全な機体搭載データ、技術書類、技術要請、サービスブリテン(SB)などです。

スカイワイズによる航空会社のビジネスモデル形成およびサポートの例は次の通りです。

·予測予防的な整備による機体の運航信頼性を向上

· 経年機の運航効率性を向上

· 運航中に発生した問題に対する迅速な原因分析

· フライトオペレーションデータ分析による機体性能の最適化

· 長期の整備効果の追跡

· 規制機関への複雑なレポートなどワンクリックで実行

エアバスの豊富な航空宇宙専門知識とパランティアのデータプラットフォームの展開ノウハウを組み合わせることによって、スカイワイズはエンドユーザーがそれぞれ自身のデータから新たな見識を得る力を提供します。さらに、航空会社およびその他航空関係ステークホルダーは、OEMの専門知識と世界の航空会社の機体状況データへアクセスすることにより、それぞれの運用能力を強化することができます。グローバルデータと航空宇宙の専門知識の結合は、主要な分野において様々なビジネス価値をもたらします。たとえば、飛行停止の削減、予防整備による整備コストの削減、フライトオペレーションの最適化、客室および地上運用の改革、予期せぬ出来事に対処する迅速な決断力、大規模保有機とフライトオペレーションデータ活用によるフリート管理の最適化などです。これらは、たとえデータが古い情報システム上に蓄積されていたとしても可能です。

スカイワイズを利用することでエアバス機のオペレーターは、エアバスのエンジニア20,000人分もの蓄積知識を活用できることになります。これまでは、エアバスのエンジニアがそれぞれの機体の運航寿命全体に渡ってデータを追跡していました。しかも、ここまで専門性の高いデータの利用は、航空機の開発期間中や、テスト飛行中から就航までの間に限って利用可能でした。

さらに、エアライン側の運航、整備、機体データを、安全でオープンなプラットフォーム上でエアバスのデータや世界基準データと統合することにより、エアラインはインフラへの追加投資をすることなく、データの蓄積、管理、解析が可能になります。そのため、エアバスの顧客は、航空機、フリート全体に関しての新たな知見を得ることができ、価値を高めます。

分析結果は個別ユーザーごとにまとめられ、エアバス、顧客、サプライヤが利用できる拡張可能な仕様(解析、アプリ、API)で提供されます。これにより、データの完全な継続性を確保し、バリュー・チェーン全体の価値を高めます。

このデータプラットフォームは、顧客の既存のITインフラとシームレスな相互運用性もつよう設計されており、スタンダードな「オープンソース」ソフトウェアで実現する機能を超えています。つまり、スカイワイズは複雑なデータ環境を多くの相互依存性の中で管理し、運用中のデータを共有します。

現在、世界の航空会社の数社がすでにスカイワイズの初期導入社として運用を開始しています(Peachもその1社です。詳しくは下記をご覧ください)。これらの航空会社が参加しているプロジェクトには、特定事項の追跡および解決、ターンアラウンド時間の解析、運航解析、整備事項の予測、運航信頼性解析およびベンチマーク、整備決定支援などがあります。さらに、近い将来、スカイワイズはエアバス・ヘリコプターズ製品や軍用機、その他の製品オペレータにも適用される予定です。

初期のサービスとして、航空の核心となるデジタル・プラットフォームや航空機のコネクティビティに関する新規ソリューションの他、一部のプラットフォーム・アプリケーションや統合ダッシュボード(スカイワイズの初期導入エアラインとのあいだで進められている整備予測やフリート信頼性向けツールを含む)が提供されます。

Peach、オープンデータ・プラットフォームの活用により、品質監視の自動化、インタラクティブな航空路の視覚化が可能に

エアバスとPeachは、オープンデータ・プラットフォームを導入しました。このプラットフォームによって、Peachの多種多様な情報源からデータが統合され、品質信頼性の報告や部品の信頼性および安全性の分析といった、Peachにとって必要な様々な機能を可能にします。特に、品質監視作業を自動化することができ、米航空輸送協会(ATA)チャプターと航空機によって分類されている主要評価基準を即座に提示します。これまで数日かかったレポートが数回クリックするだけで作成することが可能になりました。また、部品の信頼性に関しては、もう一つのアプリケーションがプラットフォームのデータを活用することで、計画外取り降ろしを追跡し、データ上で「ワイブル分布」を行い、最適な部品交換時期を決定します。さらに、Peachにとってもう一つの利点は、「Flight Path 360」という特別なアプリケーションを利用することで、インタラクティブに航空路を視覚化することができる点です。これにより主要センサーデータ計測を基にした飛行におけるパーツ選定を絞り込むことができます。