プレスリリース

プレスリリース詳細

ファブリス・ブレジエがエアバスの社長兼最高経営責任者に就任

2012年 06月 01日 Press Release

ファブリス・ブレジエがエアバスの社長兼最高経営責任者に就任

エアバスは最高業務責任者であったファブリス・ブレジエ(50歳)が、エアバスの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任したことを発表した。任期は5年。トム・エンダースはエアバスの親会社であるEADSのCEOとなった。

また、新たにエアバスの取締役員が決定した。

ギュンター・ブチェク(51歳)が最高業務責任者(COO)に就任した。オペレーション、エンジニアリング、調達、品質およびリーン生産、ITおよびコミュニケーション・テクノロジーに関する分野全般を統括する。

ジョン・リーヒー(61歳)顧客担当最高業務責任者(COO)、トム・ウィリアムス(59歳)航空機プログラム担当上席副社長、シャルル・シャンピオン(56歳)技術担当上席副社長、ドミンゴ・ウレニャ-ラソ(54歳)エアバス・ミリタリー統括責任者がエアバスの取締役員を務める。

その他、ハラルト・ヴィルヘルム(46歳)最高財務責任者(CFO)、ティエリー・バリル(47歳)人事担当上席副社長、クラウス・リヒター(43歳)調達担当上席副社長は、取締役員としてエアバスの業務を中心に管理しながら、EADSの企業責任も監督する。

A350 XWBプログラムは引き続きディディエ・エブラードが指揮を取り、ファブリス・ブレジエ新CEOに直属する。

エアバスの新取締役会メンバー一覧

1.ファブリス・ブレジエ                 社長兼最高経営責任者(CEO)

2.ギュンター・ブチェク                 最高業務責任者(COO)

3.ハラルト・ヴィルヘルム               最高財務責任者(CFO)

4.ジョン・リーヒー                     顧客担当最高業務責任者(COO)

5.トム・ウィリアムス                   航空機プログラム担当上席副社長

6.シャルル・シャンピオン               技術担当上席副社長

7.ドミンゴ・ウレニャ-ラソ              エアバス・ミリタリー統括責任者

8.ティエリー・バリル                   人事担当上席副社長

9.クラウス・リヒター                   調達担当上席副社長