顧客サポートとサービス

補修部品サポート

エアバスの補修部品センターの中心はハンブルクでが、このほかにもフランクフルト、シンガポール、北京、ワシントンDC郊外にも補修部品センターがあり、グローバル・ネットワークの中で、合計13万個以上の部品がストックされています。その部品を適材適所、そして素早く供給することで、エアバスは航空会社の安全運航とコスト削減に貢献。オンラインでの部品発注、現地での部品支援、あらゆる整備修理サービスに関する発注デスク・サービス、約束された時間内での修理、同日配送はすべて、航空機の運航頻度を高めるためにエアバスが提供している一連のサービスです。

また、サプライ・チェーンの非効率性を改善しコストを削減するために、エアバスは「エアバス・モジューラー・スペア・サービス(AMSS)」と呼ばれるサプライ・チェーン管理サービスを航空会社に提供しています。AMSSは基本的なサービスとカスタマイズされたサービスで構成され、それらのサービスは別々に利用することも可能でが、双方の利点を組み合わせながら利用すると、その効果は増大します。「Air+ by Airbus」サービスの一部であるAMSSを利用することで、航空会社はサプライ・チェーンにおける非効率性の要因を突き止め、これに対処しコスト削減を図ることができます。

さらに最近、航空会社からの要求と予備部品の注文に対するサポートを強化するため、最新技術を採用した「カスタマー・オーダー・デスク」(COD)というサービスを開始しました。