顧客サポートとサービス

訓練と 運航支援

トゥールーズ、マイアミ、ハンブルク、北京にあるエアバスの訓練センターは、カスタマイズされた幅広い双方向の訓練コースを提供し、パイロット、客室乗務員、整備員の訓練のために最新のプログラムと最先端の機器を用意しています。この中に含まれるのは、1)最新の整備訓練装置や飛行訓練装置を備え、高い効率性を誇る「エアバス・パイロット・トランジション(APT)・コース」、2)パイロット候補向けの「エントリーレベル・トレーニング・コース」、 3)「エアバス・アクティブ学習・能力集中訓練(AACT)」として知られる「新コンセプトの実地・運航優先整備訓練コース」、4)A380で導入された新技術に習得するための「A380整備訓練コース」などです。

また、エアバスMROネットワークから発展した「エアバス・メンテナンス・トレーニング・ネットワーク」が構築されたことで、エアバス機を保有する航空会社はそれぞれの拠点の近くで整備訓練コースを利用することができます。その訓練コースでは新世代のツールと方式が採用され、エアバス本体の訓練センターが提供するコースと同じレベルの内容となっています。さらに、訓練やシュミレーターを提供するCAE社との協力で、訓練をグローバルに展開することが可能になり、顧客に対して様々な訓練場所を提供できるようになりました。

また、エアバスは航空会社に対して、エアバス機を効率的かつ安全に運航するために必要なデータと支援サービスも提供しています。