顧客サポートとサービス

Eソリューション

世界中の航空会社が容易に最新情報にアクセスできる機会を提供し、そのコスト削減を手助けするため、エアバスは航空会社ごとに個別化されたインターネット・ベースの支援環境を整えています。このポータル(www.AirbusWorld.com)により、各航空会社は、技術書類や図表にアクセスできるほか、オンラインで無償部品交換や「eトレーニング」も行うことができます。また、顧客は「アップグレード・サービス・Eカタログ」を利用することで、エアバス機のオプション改修を効率的に行うことも可能。さらに、航空会社の問題解決のためのフォーラム「FAIR」も開催します。航空会社とエアバスとの協力関係を強化することで、運航中のエアバス機の問題点を洗い出し解決します。エアバス機の残余価値を維持するため客室内のアップグレード製品を始め、 100種類のオプション製品をオンラインで入手できます。

エアバスは、コスト削減につながる機体サポートのあらゆる分野で革新的なソフトウェア・ツールを提供し、航空業界で技術面のリーダーシップをとっています。その中には、機体整備を簡素化ならびに最適化する「AIRMAN」、航空会社が様々な場面で機体に関する電子書類を効果的に利用できるソフトウェア「ADOC」、技術データへのアクセスを最適化する最新の双方向ウェブ・ツールの「AirN@v」があります。

エアバスはLPC(コックピット内のペーパレス化)サービスや、運航中のリスク回避を向上させるための総合ソリューションである「フライト・オペレーション・モニタリング(FOM)」を提供することで、エアバスの技術的な運航情報や性能データの配信、アップデートおよびコンサルティングについて新しい体制を整えています。さらに、現在紙の書類として提供されている、最新の飛行性能書類、A320、A330、 A340関係書類のデータ移動を発展させるため、「ドキュメント部門」によるXMLの標準化が開始されています。