A380Own the sky
… / A380 / 環境

環境

クリーンで、静かで混雑を軽減

A380を設計する際にエアバスにとって最大の重点課題の一つだったのが、重要性が増している、現在および未来の航空輸送の環境基準に対応することでした。

30年に及ぶ、新製品への革新技術の適用実績により、A380は環境効率性において業界標準をリードしています。

より輸送量を増やし混雑を制限

世界中の人口が2050年までには劇的に増加されることが予測され、エアバスは航空旅客数も比例して増加することを予測しています。2050年までには90億人の人々が空の旅を利用しているかもしれません。

世界最大で最も効率的な航空機として、A380が混雑の激しい空港で、フライト毎のコストを最小限に抑え、より多くの旅客を輸送することによって交通混雑を軽減することができます。

A380は競合機よりも60%多くの旅客を運ぶことができます。これにより主要な空港において非常に貴重で数の少ない離着陸スロットの利用を最適化できます。A380によって、増加し続ける旅客需要に対し、便数を増加することなく対応することが可能です。

静かで周辺環境に優しい

航空会社と旅客のニーズを満たし、世界中で制限のない運用を可能にするため、エアバスはエンジンの静粛性を強化し、主翼を最適化するなど、騒音を削減する設計要素を取り入れました。

A380は現在のどの航空機よりも静かな航空機です。離陸時の騒音エネルギーは競合機と比べて50%低く抑え、また、着陸時には3分の1から4分の1に抑えています。A380は世界で最も騒音に厳しいいくつかの空港で運用における厳しい要件を満たしています。たとえば、離陸時ではQC/2、着陸時ではQC/0.5を実現しました。さらに、未来の騒音規制にも対応し、規制値を大幅に下回っています。