A380A380と競合できるのはA380
… / A380 / 客室

客室

上質な空の旅

エアバスは継続的にA380の客室を進化させ、乗客にゆとりある快適な居住空間を提供し、運航会社に上質な空の旅を実現させています。

乗客に焦点を当てて設計された客室を備えるA380を運航する航空会社の多くが、すべてのクラスで優れた快適性を提供するためA380の特別なスペースを活用しています。標準で18インチ幅の快適な座席を備える広々としたエコノミークラス、最新サービスを提供するビジネスクラスおよびファーストクラスを備えています。

A380はまた、4クラス制の標準客室仕様で、プレミアムエコノミー席の拡大する需要に対応します。これは、エコノミークラスで移動する多くのビジネス旅客によって促された需要です。また同時に、ビジネスクラスはフルフラットベッドシートに進化し、A380は特別な座席仕様にも対応するスペースを提供します。航空会社はA380によって、総2階建てだからこそ可能な独自の豪華なファーストクラスの客室を提供し差別化することができます。

プライベートスイートクラスやエティハド航空が提供する「ザ・レジデンス」、スタイリッシュなバーやソーシャルエリアなど、どのクラスでも上質さは標準です。A380による空の旅はこれまでに経験したことのない空の旅です。これまでにすでに16,000万人の人々がA380に搭乗し、快適性の新たな基準を築いたA380が提供する特別な空の旅を理解しています。

洗練された客室設計

The double-deck A380 unique features include social areas

客室の快適性はA380に導入された数多くの最先端技術によって強化されています。たとえば、最新の照明システムや新基準を築いた機内エンターテインメントなどです。

客室の空気は2分毎に入れ替わり、機内環境を常に新鮮なものにしています。客室には220個の窓があり、自然光を楽しめます。空気吸入口は6箇所あり(業界標準は2箇所)、飛行中は常に新鮮な環境を作り出しています。

ありのままのスペース

快適性における新基準を考慮して設計されたA380は、現在そして未来のすべてのクラスの乗客の要望を満たすことができます。エアバスの標準の18インチ幅の座席をエコノミークラスに備え、ビジネスクラス、ファーストクラスでは最新座席を提供し、効率的なA380はありのままで最適なスペースを提供します。

最適化された客室高、最も幅広いメインデッキによって、乗客手荷物棚に15%広いスペースを提供し、頭の位置におけるゆとりが生まれ、広々とした階段を取り付けることが可能です。このような特徴によって、空の旅を楽しむために最適な居住空間を作り出しました。A380の高い柔軟性によって、航空会社は自社の製品の差別化ができ、多様な市場のニーズに対応する客室に発展させることが可能です。

Wide stairs offer easy access the upper deck area
Wide stairs offer easy access to the A380's upper deck area