A380The best solution for 21st century growth
… / A380 / 航空会社にもたらす利点

航空会社にもたらす利点

より大型で効率的、高い信頼性

21世紀の航空業界に対応するよう設計されたA380の機体サイズは、客室の座席クラス配置を最適化することによって、航空会社の収益性を最大化することが可能です。高イールドの長距離路線で乗り継ぎ便による利益を得られる時間にA380を投入することで、航空会社は1飛行当たり収益性を最大65%増加することができます。

A380の客室は最も静かで広々としたゆとりのスペースを備えます。エコノミークラスで快適な18インチ幅の座席を横11席備える客室仕様から、最大3部屋のプライベートスイートを備える豪華なファーストクラスまで、幅広い客室仕様を提供します。A380が提供する快適な空の旅が、乗客から高い人気を得ているのは明らかです。その結果、より多く市場シェアを獲得し、高いロードファクターと収益性を航空会社に提供することができます。

成長とイールド

路線の接続を強化。ハブの最適化。輸送量の増加。

航空輸送量の成長は継続し、その発展の大部分は、A380の運航を想定している様々な市場に集中しています。それは、急速な拡大を見せている大都市間を結ぶ高イールドのハブ路線です。これらの空港の多くが混雑しており、ピークタイムでは航空会社の需要に対応するためのスロットを提供することが困難な状況で、スロットの価値を大幅に高める結果となっています。1スロット当たり60%多い輸送能力を持つA380は、より小型の航空機で複数便を運航することから、最適な時間帯に、最適なサイズで、最適な路線におけるA380による1回の運航に変えることによって、航空会社は最高の成果を得ることができるでしょう。

A380は主要な混雑路線で1飛行あたり供給座席数を60%増加させることができ、航空会社にとっては高い収益力を実証する航空機です。1日の中で最も利益率の高い便におけるA380による輸送能力増加は、さらに輸送需要を促し、高イールドを獲得できます。A380を一回運航することで、高い利益を生むプレミアムクラス座席を同数保持することができ、使用しないスロットをその他の目的地へ割り当てることもできます。航空会社は、革新的な客室と市場ニーズにそった客室のクラス分けを行うことによって、燃費を50%削減することとほぼ同等の収益増が可能になります。

主要な基幹路線で輸送力を拡大することで、直行便と乗り継ぎ便の需要も確保でき、ネットワーク効果を高めることができます。さらに、A380の路線は高イールド獲得を実証し、ある市場の特定の時間帯では80%のシェアを持っています。A380によって航空会社は市場を拡大し、市場シェアを増やし、その結果チケット料金の調整が可能になります。

特別な機会

より多くの旅客。より大きなビジネス。高い収益性。

世界の航空輸送量は15年毎に倍増しているため、A380の輸送能力は継続的に輸送需要を促します。世界中で運航されているA380のロードファクターは平均を上回り、しばしば満席状態で運航されています。

A380はすでにその他の航空機と比べて出発毎により多く座席を供給し、すべてのクラスで最高水準の機内装備を提供しています。競合機よりも1座席当たりのコストを15%低く抑え、世界の多くの大手航空会社の主力機として活躍しています。A380は航空会社の路線網を新たに形作り、混雑空港におけるスロットの価値を最適化し、あらゆる路線で収益性を最大化します。

A380は到着および出発のピークにおける効率性を最大化することによって路線ネットワークの生産性を増加させています。それにより、乗り継ぎ時間を削減し、接続便の選択肢を増やし、ハブ路線を最適化します。これはA380だけが実現できる成果です。