A3801億3,000万人以上の人々がA380の空の旅
… / A380 / 航空会社と目的地

航空会社と目的地

世界の航空会社によるA380の路線図

A380の路線ネットワークは、世界中の航空会社が運航を拡大しているため、継続的に増加しています。2017年2月末時点で世界中のA380は50都市以上への110路線でサービスを展開しています。21世紀のフラッグシップA380は平均3分毎に離着陸を行っています。

2017年2月時点でA380が運航したことのある、あるいは現在運航している路線が下記地図で示されています。

A380が運航する都市に関する詳細は、A380専用のフライト予約アシスタントサイト、iflyA380.comでご覧いただけます。Click here

成長に向けた持続可能なソリューション

Airbus’ A380 is the most efficient solution for capturing growth at the world’s busiest airports.

世界の航空輸送は成長を続けており、広々としたスペースを持つA380は、増加する乗客のニーズに効率的に対応する最適なソリューションです。標準で500人以上を乗せることのできるA380は、低コストで60%多くの旅客を運ぶことが可能な比類ない輸送能力を提供することによって、世界の混雑空港における課題を早急に軽減することが可能です。

航空会社と空港にとって、輸送能力の増強は利点です。より多くの旅客を、高価値のピークタイムにハブ路線で輸送することができるからです。たとえば、世界で最も混雑するロンドン・ヒースロー空港では、航空会社がより大型の航空機を運航することによって空港での受け入れ制限に対応しているため、近年では年間何百万もの新規旅客を輸送しています。

A380はまた、競合機よりも1人当たりのCO2排出量を50%削減し、優れた環境性能を提供しています。さらに、騒音を抑え、周辺地域に配慮した持続可能なソリューションとしての評価を実証しています。A380の大きな主翼によって非常にゆっくりと着陸することができ、大型の競合機と比べて騒音を半分に抑えています。

最適化した地上運用

The A380’s proven compatibility at airport gates is demonstrated around the world: multiple airlines perform daily scheduled A380 services separated by quick turnaround times of 90 minutes.

A380は既存の空港インフラに高レベルで適合します。そのため、航空会社はスムーズな運航が可能で乗客へのサービスで差別化することができます。A380は、航空会社にとって重要な搭乗、降機、次のフライトに向けたギャレーの補充などを行うゲートでの時間を削減することができるように設計されています。

A380はより小型のワイドボディ機と主要な特徴を共有しています。それにより、航空会社はコードEのゲートからインフラや地上支援機器の最小限の変更で定期便を運航することができます。A380の優れた客室設計によって、航空会社はアッパーデッキへの搭乗橋がなくても搭乗、降機をすばやく行うことができます。また、アッパーデッキとメインデッキで同時に行われるケータリングタイムを最適化し、ターンアラウンド時間を短縮しています。

A380向けの地上支援機器は商業運航開始をした当時から利用可能で、その他のワイドボディ機と互換性があります。A380は常に航空会社のブランディングを強化するため革新的なコンセプトを提供することができます。アッパーデッキへの搭乗は、乗客に特別なサービスを提供する機会を生み出します。多くの航空会社が地上から搭乗へのスムーズな移動を提供しており、A380のアッパーデッキへ直接搭乗するプレミアム旅客のための専用ラウンジなどを設置しています。

A380は13社の世界的な航空会社によって運航されています。

それぞれの航空会社は、短距離から中距離、長距離まで幅広い路線ネットワークにおけるA380の乗客からの高い人気によって利点を得ています。

シンガポール航空

エミレーツ航空

カンタス航空

エールフランス航空

ルフトハンザ ドイツ航空

大韓航空

中国南方航空

マレーシア航空

タイ国際航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

アシアナ航空

カタール航空

エティハド航空