A321neoThe most efficient single-aisle jetliner
… / A320 ファミリー / A321neo

A321neo

A321neo specs

Key figures

  Range 4000 nm 7400 km
Typical seating x 206 (2-class)
A321neo Wing span Wing span 117 ft 5 in 35.80 m
A321neo Overall length Overall length 146 ft 0 in 44.51 m
A321neo Height Height 38 ft 7 in 11.76 m

Dimensions

Overall length 146 ft 0 in 44.51 m
Cabin length 113 ft 0 in 34.44 m
Fuselage width 13 ft 0 in 3.95 m
Max cabin width 12 ft 1 in 3.70 m
Wing span (geometric) 117 ft 5 in 35.80 m
Height 38 ft 7 in 11.76 m
Track 24 ft 11 in 7.59 m
Wheelbase 55 ft 48 in 16.91 m

Increased revenue potential

Airbus is offering airlines brand-new options for configuring the generous floor space offered by its A321neo, allowing more flexibility and thus increasing the total number of available seats.

These new cabin options capitalize on recent innovations in cabin monuments and seat design that enable more efficient use of cabin space without compromising passenger comfort.

Capacity

Pax
Typical seating 206 (2-class)
Max 240
Freight
LD3 capacity underfloor 10 LD3-45W 10 LD3-45W
Max pallet number underfloor 10 10
Bulk hold volume 208 ft³ 5.90 m³
Total volume (Bulk loading) 1828 ft³ 51.70 m³

Performance

Range 4000 nm 7400 km
Mmo M0.82
Max ramp weight 197.1 (207.0) lb x 1000 89.4 (93.9) tonnes
Max take-off weight 196.2 (206.1) lb x 1000 89.0 (93.5) tonnes
Max landing weight 170.4 (174.6) lb x 1000 77.3 (79.2) tonnes
Max zero fuel weight 161.6 (166.7) lb x 1000 73.3 (75.6) tonnes
Max fuel capacity 6 230 (7 815) USG 23 600 (29 580) litres

Engines x2

PW1100G-JM PW1100G-JM
CFMI Leap-1A CFMI Leap-1A
Thrust range
Aircraft weights and capabilities shown are the highest values
Ranges shown are for typical passenger load

新型エンジン-単通路型機のさらなる性能向上

業界をリードするA320ファミリーの品質と効率性は、新型エンジンを装備することによってさらに強化されます。

大型のウイングチップであるシャークレットと、2種類から選択可能な新型エンジンを搭載することによってA320neoファミリーは、従来型のA319、A320、A321から変更を最小限に抑えながら利点を最大限引き継ぎます。座席当たりの燃費を最大20%削減し、航続距離を最大500海里(900キロ)延長、もしくはペイロード2トン増加することが可能になります。

2017年に商業運航を開始したA321neoは、客室スペースを最適化し、出口制限に変更を加え、新しい客室ドアを設置することで座席数を増加します。この「Cabin-Flex」というオプションによって、座席数を最大240席増加させることができ、標準で18インチ幅の快適な座席を備えることが可能です。 

A321LRはA321neoの新しい派生型で、2019年から初号機の引き渡しが開始される予定です。単通路型機の中で最長の航続距離を持ち、最大4,000海里飛行することができます。大西洋横断路線に最適な航空機で、これまでは飛行不可能であった長距離路線も新たに開拓することができるようになります。

Orders & Deliveries

このインタラクティブ地図では、最新のエアバス機の最適な航続距離を示します。特定の場所からの航続距離を見るためには、カーソルを都市あるいは地域に移動させます。ブルーで覆われた部分が標準航続距離における飛行可能な目的地を示しています。

注:上記で表示される飛行可能エリアは、航空機