A320neoSetting single aisle standards
… / A320 ファミリー / A320neo

A320neo

Key figures

  Range 3 700 nm 6 850 km
Typical seating x 150 (2-class)
  Max payload 36 lb x 1 000 16.6 tonnes
A320neo Wing span Wing span 117 ft 5 in 35.80 m
A320neo Overall length Overall length 123 ft 3 in 37.57 m
A320neo Height Height 38 ft 7 in 11.76 m

Dimensions

Overall length 123 ft 3 in 37.57 m
Cabin length 90 ft 3 in 27.51 m
Fuselage width 13 ft 0 in 3.95 m
Max cabin width 12 ft 1 in 3.70 m
Wing span (geometric) 117 ft 5 in 35.80 m
Height 38 ft 7 in 11.76 m
Track 24 ft 11 in 7.59 m
Wheelbase 41 ft 5 in 12.64 m

Focus on commonality

Due to its 95 per cent airframe commonality with the A320ceo (current engine option) version, Airbus’ A320neo jetliner fits seamlessly into existing A320 Family fleets worldwide – which is a key factor for the company’s customers and operators. 

The A320neo provides minimum change with maximum benefit for the A320 through incorporation of two new engine choices – Pratt & Whitney’s PurePower PW1100G-JM geared turbofan and CFM International’s LEAP-1A – along with Sharklet™ wingtip devices.

Capacity

Pax
Typical seating 150 (2-class)
Max 180
Freight
LD3 capacity underfloor 7 LD3-45W 7 LD3-45W
Max pallet number underfloor 7 7
Bulk hold volume 208 ft³ 5.90 m³
Total volume (Bulk loading) 1322 ft³ 37.40 m³

Performance

Range 3 700 nm 6 850 km
Mmo M0.82
Max ramp weight 162.9 (172.8) lb x 1000 73.9 (78.4) tonnes
Max take-off weight 162.0 (172.0) lb x 1000 73.5 (78.0) tonnes
Max landing weight 142.2 (145.5) lb x 1000 64.5 (66.0) tonnes
Max zero fuel weight 138.4 (141.8) lb x 1000 62.8 (64.3) tonnes
Max fuel capacity up to 6 280 (7 070) USG up to 23 760 (26 750) litres

Engines x2

PW1100G-JM PW1100G-JM
CFMI Leap-1A CFMI Leap-1A
Thrust range
Aircraft weights and capabilities shown are the highest values
Ranges shown are for typical passenger load

A320neo – ベストセラー単通路型機をさらに強化

Airbus’ first A320neo aircraft – which is powered by Pratt & Whitney engines – was delivered in January 2016 to Lufthansa.

市場をリードするエアバスの単通路型機は常に最高の技術を取り入れ、最新の航空機として性能を向上させています。A320は最高の単通路型航空機としての地位を確保しています。その最新派生型のA320neo(new engine option)は、エアバスが継続的に性能向上のために技術革新に投資し、取り組んできた努力の結晶です。

A320neoファミリーは快適性における様々な基準をもたらし、新しいエンジンを装備し、空力性能を向上、最新の客室設計を取り入れ、2020年までに座席当たり燃費を最大20%削減します。ペイロードを2トン増加、航続距離を500海里延長、運航コストの削減が可能になります。さらに、エンジンの騒音を50%、NOx排出量を現在の業界標準より50%削減します。また、客室スペースの最適化と出口制限の変更により、A320neoは2クラス制で165席、全席エコノミーで189席を装備します。

A320neoはA320ceoからの変更点を最小限に抑えながら、利点を最大に保持しています。エンジンはプラット・アンド・ホイットニーのPurePower PW1100G-JMギヤードターボファンエンジンか、CFMインターナショナルのLEAP-1Aの2種類から選択可能です。また、大型のウイングチップであるシャークレットを備えています。

NEO機の性能向上に重要な役割を果たしているのがA320ceo(current engine option)向けに開発したシャークレットです。2.4メートルの高さの大型のウイングチップであるシャークレットはNEO機で標準装備となり、長距離路線において燃費を最大4%削減します。これにより、CO2排出を年間1機当たり約900トン削減します。シャークレットはまた、A320ceo新造機および既存機の改修により装備が可能です。

Orders & Deliveries

このインタラクティブ地図では、最新のエアバス機の最適な航続距離を示します。特定の場所からの航続距離を見るためには、カーソルを都市あるいは地域に移動させます。ブルーで覆われた部分が標準航続距離における飛行可能な目的地を示しています。

注:上記で表示される飛行可能エリアは、航空機