A330-200FThe right aircraft, right now
… / A330-200F

A330-200F

Key figures

  Range up to 4000 nm up to 7400 km
  Max payload 141.10 (153) lb x 1 000 65 (70) tonnes
A330-200F Wing span Wing span 197 ft 10 in 60.30 m
A330-200F Overall length Overall length 193 ft 0 in 58.82 m
A330-200F Height Height 55 ft 5 in 16.88 m

Dimensions

Overall length 193 ft 0 in 58.82 m
Cabin length 147 ft 8 in 45.00 m
Fuselage width 18 ft 6 in 5.64 m
Max cabin width 17 ft 4 in 5.28 m
Wing span (geometric) 197 ft 10 in 60.30 m
Height 55 ft 5 in 16.88 m
Track 35 ft 1 in 10.70 m
Wheelbase 72 ft 10 in 22.20 m

Advantages

The A330-200F features an optimised fuselage cross-section, offering flexibility to carry a wide variety of pallet and container sizes. The aircraft offers 30 per cent more volume than any freighter in its class, and is based on the proven and technologically-advanced A330 platform, for which Airbus has over 1,000 orders and already more than 650 aircraft in service.

Capacity

Max payload 141.10 (153) lb x 1 000 65 (70) tonnes
Pallets or containers
main deck up to 23 pallets
underfloor 8 pallets + 2 LD3 containers

Performance

Range up to 4000 nm up to 7400 km
Mmo M0.86
Max ramp weight 515.7 () lb x 1000 233.9 () tonnes
Max take-off weight 513.7 () lb x 1000 233.0 () tonnes
Max landing weight 412.3 () lb x 1000 187.0 () tonnes
Max zero fuel weight 392.4 () lb x 1000 178.0 () tonnes
Max fuel capacity 25 765 USG 97 530 litres

Engines

RR Trent 700 x2 RR Trent 700
PW4000 x2 PW4000
GE CF6-80E1 x2 GE CF6-80E1
Thrust range 68 000 to 72 000 lb slst 302 to 320 kN

商業運航で実証された性能

2010年に商業運航を開始してから、世界で最も新しい中型の貨物専用機、A330-200Fはすべての大陸で信頼性の高い、柔軟な、収益性の高い貨物機として確立されています。世界の大手貨物航空会社は、長距離および地域間の運航にA330-200Fを活用しています。A330-200F99.6%以上の信頼度があり、月間最大400飛行時間利用されています。

顧客はA330-200Fの卓越した柔軟性を高く評価し、エアバスの単通路型機、ワイドボディ機のフライ・バイ・ワイヤ搭載機と高い運航共通性も利点となっています。さらに、A330-200Fのメインデッキの巨大な貨物ドアによって、通常使用されているすべてのパレットとコンテナを積載することが可能で、高価値の商品や急行貨物や生鮮物などあらゆる種類の貨物輸送が可能です。

急速に変化する市場の状況に最適に適合するA330-200Fは、航空貨物輸送の未来を形作ります。高い柔軟性を備えた中型のA330-200Fは、その他の大型貨物機と比較して1トン当たりの運航コストを最大35%抑え、ロードファクターを最適化し、順応性のある貨物戦略を可能にします。

 

エアバスの航空機市場予測(GMF)では、今後20年間でおよそ800機の新造貨物機が必要になると予測しています。A330-200Fは競合機よりも高い航続距離能力、積載容量を備え、メインデッキ、下部デッキにおける高い柔軟性を提供することによって、その需要の大部分を満たすことができます。

最先端のソリューション

A highly efficient all-cargo solution to replace services of passenger and cargo “combi” aircraft
A highly efficient all-cargo solution to replace services of passenger and cargo “combi” aircraft

旅客輸送と貨物輸送を両方行うコンビ機の代替となる高効率の貨物専用機です。

実績のあるA330ファミリーをベースとした新世代貨物専用機A330-200Fは、現在世界中で運航されている中型の経年貨物機と比較して騒音を低く抑え、排気も削減しながら高い運航効率性を提供します。

 

A330-200Fは同クラスの前世代貨物機よりもより優れたペイロードと航続距離能力を備えます。また、エアバスの単通路型機とワイドボディ機のフライ・バイ・ワイヤ搭載機と高い運航共通性を備えていることから利点を得ています。A330-200Fは経年化した第1世代のワイドボディ貨物機の最適な代替機となり、また、旅客輸送と貨物輸送を行うコンビ機のサービスと入れ替える効率的な貨物専用ソリューションを提供します。

顧客

A330-200Fを発注している航空会社は、エティハド航空(エティハド・クリスタル・カーゴで運航)、2013年にA330-200F最大顧客となったターキッシュ エアラインズ(ターキッシュ・カーゴで運航)、トルコのMNGエアラインズ、南米のアビアンカ-タカ航空(タンパ・カーゴで運航)、マレーシア航空(MASカーゴでの運航のため4機購入)、香港航空(20138月に3機をエアキャッスルから、1機をBOCから買戻し)です。

A330-200F初号機は2010年のファーンボロ航空ショーでエティハド航空に引き渡されました。2機目は香港航空で、3機目は20109月にターキッシュ エアラインズに引き渡されました。MASカーゴは20119月に初号機を受領しました。

アビアンカ-タカホールディングスのコロンビアをベースとする貨物航空会社、タンパ・カーゴは、4機のうちの初号機を2012年の12月に受領しました。これが初めてのA330-200Fのアメリカの顧客への引き渡しとなりました。

これまでリース会社でA330-200Fを発注しているのが、米国をベースとするエアキャッスル、イントレピッド・アビエーション・グループ、BOCアビエーション(旧シンガポール・エアクラフト・リーシング・エンタープライズ)とブラジルのシナジー・エアロスペースです。

20133月にA330-200Fを導入し、保有機の拡充を行った国際的な航空会社がカタール航空です。カタール航空は初の貨物専用機を、BOCアビエーションによるリースで導入しました。

高性能、高効率

A330-200Fの積載能力と航続距離は、拡大する世界の貨物市場において利益をもたらし、1トン当たりの追加コストもかからずサービス不足の市場で成長する大きな機会を提供します。

A330-200Fは競合機より20%航続距離が長く、1トン当たりのコストを13%抑えています。65トンから70トンのペイロードで、3,200海里から最大4,000海里まで飛行することが可能です。

最新のA330-200Fは幅広い革新技術を活用し、現在運航されている貨物専用機の中で最も経済性に優れ、環境に配慮しています。コスト削減につながる特徴として、変形や湾曲荷重に対して胴体やドアを強化し、CO2排出や騒音レベルを削減する環境効率性の高いエンジンを装備し、グラスコックピットや最先端の航法システムを備え、運航の強化を行っています。

141インチx 101インチの大きさのメインデッキのドアは電動油圧式で動作し、A300/A310貨物機で実証されている貨物ドアをベースとして開発されています。その他の特徴としては、環境効率の高い最新のエンジン技術を採用し、環境性能を強化しています。また、グラスコックピットや最先端の航法システムを備え、運航の強化を行っています。

高い柔軟性

エアバスの汎用性の高いメインデッキの貨物積載システムを導入し、総体的に柔軟性を強化しています。これにより、業界標準のコンテナやパレットをすべて収容することができ、様々な市場における貨物輸送ニーズに対応することができます。

A330-200Fは平行して最大23個のパレットをメインデッキに収容することができ、1列積載で16パレットといった追加の仕様調整に対しても柔軟に対応します。4つのパレットと9つのAMAコンテナの混載も可能です。広々としたロワーデッキの貨物室には最大26個のLD3コンテナと、19.7立方メートルのバルク貨物を積載することができます。

持続可能な生産

A330-200Fは人気の高いA330-200旅客機をベースにしており、仏トゥールーズの最終組立工場でA330/A340ファミリーの生産ラインで製造されています。これにより、市場の需要に対応する生産ラインのスロットを提供し持続可能な生産が可能です。

このインタラクティブ地図では、最新のエアバス機の最適な航続距離を示します。特定の場所からの航続距離を見るためには、カーソルを都市あるいは地域に移動させます。ブルーで覆われた部分が標準航続距離における飛行可能な目的地を示しています。

注:上記で表示される飛行可能エリアは、航空機